Tulpa Designers

人工精霊ト云フ事・思念体専門考察ブログ

人工精霊型スタンドの種類について

スタンド界隈では、何もない無の空間からゼロベースで作り上げる創造型の思念体を、タッパーも含め人工精霊型スタンドと呼んでおります。タッパー界隈では、タッパーは創造型と邂逅型に大別されますが、当サイトでは邂逅型の思念体は自然精霊型スタンドと呼んでおります。異論はあるかもしれませんが、まったく別の発生形態をした思念体と考えております。

人間系

空気友達型

多く人が選択するタイプになります。やはり、同性同年齢の姿をした人間は、情報が多く蓄積された身近な存在であるため、遊び心を満たすには手っ取り早いと言えます。自動化も円滑に行え、比較的容易に作れます。

兄弟姉妹型

空気友達型に次いで多く選択されるタイプです。一人っ子な人がよく選択するようです。歳下か歳上に設定される傾向があります。誰を守りたい、誰に頼りたいと言った感情を緩和するので、精神的なバランスを保つ効果があります。

疑似恋愛型

スタンドの彼氏や彼女を作り、頭の中で結婚してしまう人が中にいます。現実生活との折り合いがつかなくなる恐れがあるため、あまりお勧めできません。それでも虹嫁のスタンドが欲しいと言うなら止めません。

疑似家族型

兄弟姉妹型や疑似連帯型と微妙に違うタイプになります。理想とする自分の子供の姿をしたスタンドと言ったところでしょう。別に自分で産んだ訳じゃありませんが、私も子供のスタンド三体に恵まれました。

実利重視型

学者や教師などの知識人をモチーフにしたスタンドを作り、自身の現実生活で積極的に活用するタイプになります。諸葛孔明のような軍師のスタンドを作ったら、向かうところ敵なしの人生になるのは間違いないでしょう。

動物系

生活動物型

犬や猫、ハムスターなどの小動物を飼いたいけど、諸々の事情でそれができない人は意外と多くいます。しかし、その夢を人工精霊型スタンドで叶えることができます。アレルギー持ちの人も安心して動物達と戯れることができる。

野生動物型

動物大好き人間の夢を叶える究極の選択肢です。動物園でしかお目にかかれない生体を人工精霊型スタンドとして身近に置いておくことが叶います。ただし、ライオンやトラなど、攻撃的な動物は選ぶのはやめましょう。

古代生物型

もちろん、スタンドとして選べるタイプは、現存する地球上の生き物に限られません。レアな絶滅危惧種は当然ながら、絶滅した遠い昔の生き物だって可能です。でも、恐竜はちょっと怖い気がします。

昆虫型

虫嫌いな人には信じられませんが、昆虫だってスタントとして選べます。私は蚕の成虫の姿をした昆虫のスタンドを一体作り、現在、一緒に生活しています。妖精のようにモフモフフワフワしていて存外と可愛いもんです。

水棲型

サンマやイワシ、イカやタコも可能と言えば可能です。でも、イルカなどの小型捕鯨類を選ぶと良いでしょう。もちろん、水棲の生き物だからと言って本物の水槽は不要です。空中を飛ぶように泳ぐ設定にすれば良いのです。

鳥類型

小鳥やペンギンなんかの人工精霊型スタンドを作ると可愛らしく良いですね。たしか、タッパー界隈にペンギンのタッパーと生活をしていたタッパラーがいました。ブログを引退されてしまったようですが…今も元気にしてるかな。

微生物型

アニメ「もやしもん」に見るようなデフォルメされた細菌やウイルスのスタンドも作成可能です。あえて、名前を付けず固有識別化しなければ、事実上、無限の数のスタンドを自分の周囲に展開できるようになるかもしれません。

植物系

フラワー型

植物の人工精霊型スタンドも当然可能です。ロックンフラワーのようなスタンドでも窓辺に召喚しておけば、お部屋の雰囲気も明るく楽しい感じに変わると思います。もちろん、人間の言葉を話せる設定も有りです。

サボテン型

手足でも付け足した可愛らしいサボテンのスタンドを作ってみるのも悪くないでしょう。トゲトゲしいサボテンは魔除け効果の高い植物です。あなたを悪いものから守るため、健気に頑張ってくれることでしょう。

マンドラゴラ型

植物と人間の中間的な存在である人工精霊型スタンドも作成可能です。想像力が豊かで、独特な趣向をお持ちの方でないと作りたいと思うものではありませんが、古い文献などを頼りに挑戦して見ると良いでしょう。

異世界・ファンタジー系

獣人獣耳型

普通の人間型では飽き足らないと言う方向けのタイプになります。ただし、獣人を選んだ場合、人間率と獣率の比率はちゃんと決めてから作りましょう。やや難易度が高くなるため、中級者向けのタイプとなります。

吉祥動物型

ユニコーンやベガサス、ドラゴンなどの想像上の動物になります。ただし、龍など、一部で人間の醜い願望を象徴する側面を持ったものもいるため、吉祥動物をモチーフにして作る場合は、この点は留意しておきましょう。

小人・古典妖精型

スタンドを作るなら本来的な意味で望ましいタイプとなります。人間や動物よりも難易度は下がるため初心者向けと言えるでしょう。人工精霊タルパちゃんでも小人のタッパーを作った人の逸話があったはずです。

悪魔型

クールな人工精霊型スタンドが欲しいからと言って、悪魔の類を参考にして作るのは精神汚染のリスクがあるのでお勧めしません。ただし、漫画に登場して来るような可愛らしい姿をしたサキュバスくらいなら問題ないでしょう。

妖怪・座敷童子型

古来から伝えられる伝説上の存在も可能です。ただし、あまり醜いものは選ばないようにしましょう。また、座敷わらしは一見すると可愛らしい存在に思えますが、人間の願望や欲求が強く意識された存在でありお勧めできません。

半人半獣型

人魚やラミアも可能と言えば可能です。獣耳によりは難易度は上がりますが、獣人より比較的容易と言ったところでしょう。ギリシャ神話系の絵画などを参考にイメージして作ると良いでしょう。

守護神・守護精霊・天使型

スタンドを作るなら、神々しく美しい姿をしたタイプをお望みならどうぞ。ただし、スタンドを作り続けているうちに、自分のスタンドを唯一神に仕立て上げてしまう〇チガイが中にいるようです。多神教の理念で寛容にお願いします。

巨人型

巨人も可能と言えば可能です。しかし、スタンドは日常生活を共に過ごすことを前提としています。最大でも新幹線や航空機のドアは通れる常識的なサイズに留めましょう。大きいから強い、運が良くなると言う訳でもありません。

宇宙人型

宇宙的なものに憧れを頂いている方にお勧めしたいタイプです。漫画のように可愛らしくデフォルメされたグレイちゃんでも作る良いでしょう。きっと、あなたの夢も宇宙の高さまで広がり、希望あふれる人生になることでしょう。

なんかの触手型

できない事もありません。変態気質でそういったもので興奮すると言う人は作ると良いでしょう。ただし、あまり変なものを作ると、精神的におかしくなる危険性があるのでやめましょう。

前衛芸術系(ダダイズム)

幾何型

数学的な構図や概念が好きな人は、立体図形の姿をしたスタンドでも作って見ると良いでしょう。手っ取り早く簡単に作れるタイプになるものと思われます。そもそも、スタンドの本質は見た目ではありません。

抽象型

幾何型よりもさらに簡易に作れるタイプとなります。オーブ等の光源体や漠然とした何かで構いません。見た目の設計デザインに精神的な労力を取られるのは嫌だ。本質や理だけをトコトン追求したいと言う人はどうぞ。

可変型

スタンドを設計デザインする際は、大きさと輪郭をしっかりときめておく必要があります。しかし、あえてそうしない方法もない訳でもありません。SF映画などでよく見られる液体金属体のようなスタンドも可能と言えば可能です。

高次元系(チャネリング)

宇宙意思型(異次元型)

スタンドを作る際、意識を目の前の空間に向け実践するものですが、四次元空間など、他次元の宇宙空間的な場所に介在させる方法もあります。感覚的に難しいと思われますが、数学や物理に心得のある方なら容易でしょう。

メタ思考型

依り代をせずタッパーを選んだ場合にお勧めしたい方式になります。頭頂部から離れた第八チャクラ以上の場所にタッパーを憑依(定着)させます。通常は頭の中のようですが、不自然な一体感も避けられ比較的安全と思われます。

音声限定型

設計デザインは一切やらず、姿の見えない声だけのスタンドとなります。一番簡単に作ることのできるタイプになると言えるでしょう。ペンダントや指輪などを依り代にして作ると良いでしょう。

機械系

ロボット型

スタンドだからと言って、生命体や有機的な存在を参考にして作らなければならないと言う訳でもありません。機械的なスタンドも作成可能です。メカニック的なものが好きな人はそうすると良いでしょう。

家電製品型

ロボットのスタンドも可能なのですから、同じ機械である家電製品も不可能ではありません。私もエアコンの姿をした人工精霊型スタンドを作りました。自宅では電気の神様として祀っています。

現代兵器型

日本で人工精霊が流行ったきっかけを作ったものは部分軌道爆撃系人工精霊FOBSです。本質的にアレは生霊飛ばしになりますが、機械のスタンドが作成可能なのですから理屈の上では可能です。まぁ、あまりお勧めしません。

時計型

時間の念を強く練り込んで作ったスタンドがいると、本物の目覚まし時計なんかなくても、気力で決まった時間に起きられるようになるかもしれません。規則正しい生活を第一としたい人はどうぞ。

UFO・未確認飛行物体型

私は宇宙人の乗り物としてのUFOの存在は信じておりません。UFOは宇宙人の存在を信じている人達の念で発生したスタンドと考えています。(´・ω・`)な表情をした手のひら大の可愛らしいUFOのスタンドも悪くないと思います。

視覚情報的な側面から見た分類方法

現実空間的スタンド

要は現実的な姿をしたスタンドになります。人間型なら本物の人間らしく、動物型なら本物の動物らしい姿をしたスタンドになります。このため、異世界系はよほどのSF映画ファンでない限り難しいタイプになります。

二次元キャラクター

人工精霊やタッパーをやる人の中で、意外と多くの人が漫画やアニメの登場人物を参考に作っている模様です。ただ、二次元キャラクターの立体化は、強い直感力とイマジネーション能力の持ち主でないと難しいと言えるでしょう。

マクロ的(巨視的)

最大でどのくらいの大きさのスタンドを作り出せるのかは未知数です。人並みならぬ強い精神力の持ち主であれば、小惑星等の天体サイズのスタンドも可能かもしれません。惑星ニビルもこれと何か関係がありそうです。

ミクロ的(最小的)

ミクロン単位やナノスケールのスタンドを作る変わり者がいるとは思いませんが、理屈の上では可能です。それは極端な例にしろ、小人や小さな妖精はベタなスタンドと言えます。

NEXT