Tulpa Designers

人工精霊ト云フ事・思念体専門考察ブログ

人工精霊型スタンドよくある質問

人工精霊型スタンドに関する質問をまとめました。だいたい皆こんな事やあんな事を考えているだろうと言った具合に、想定されるであろう内容や私自身が初心者であった頃に抱いた疑問を思いつく限りで列挙しました。ただし、スタンドは誰かによって統一的に定められたルールや規約はありません。依然として未知の部分は多く、解明されるべき謎も多く残っております。すべての疑問をカバーしていると思えませんが、当サイトなりの最大限の誠意と思って頂ければ幸いに存じます。ここでも疑問が解消できない場合は、別途用意しましたPeing質問箱までお気軽にお寄せ下さいませ。もちろん、質問以外にも当サイトに対する批評や反論も一向に構いません。思念体文化の健全なる発展の為であれば、多少の批判も遠慮なくどうぞ。知的クールであれば悪口でも構いませんよ。

具体的にどんな種類や種族のスタンドが作れるの?

人工精霊やタッパーに挑戦する人の多くは、現実世界の人間や動物など、身近な生命体を参考に作っています。もちろん、スタンドがそれらの種類に限られる訳ではありません。昆虫や植物、ロボットなんでも可能です。海の生き物だからと言って不可能と言う訳でもありません。空中を泳ぐ設定の魚型スタンドもありです。当然、空想上の生き物だって可能です。

本当に何でも作っていいの?

自由な発想で何でも作って構いません。ただし、故人も含め、実在する人物はやめましょう。オカルト的に見ると、その人に対して生霊飛ばしをする恐れがあります。そうでなくとも、実在する人間と瓜二つに仕上げるのは倫理上好ましいと言えません。自分が同じ事をされて嬉しく思う人はいないはずです。人気アイドルや著名人のスタンドを作るのはやめましょう。

作り方が人によって微妙に違うのはどうして?

人工精霊やタッパー等の思念体メソッドの歴史は浅く、統一的なルールや決まり事がありません。このため、これら思念体の愛好家や研究家によって、作り方や意見が微妙に異なります。どの人の話を信じてよいのか迷ったら、ご自身の直感に頼り選んでください。あまり困惑せず、自分が良いと信じて選んだものが、自分にとって一番良いものなのです。

実在の人物でも自分の心の中の話だから別に良いのでは?

今はそれで良くとも、将来の自分自身の精神状態にどう影響を及ぼすか未知数です。現実世界では、クローン技術や遺伝子組み換え操作には、賛否が大きく分かれ、強い物議を醸す話題となっております。まして、クローン人間の取り扱いとなると、倫理面での一致した結論は出ておりません。生命倫理に準じた聡明な判断でタッパーを作る事をお勧めします。

このサイトは二次嫁(虹嫁)スタンドを推奨しているんですよね?

別に推奨していません。日頃からそう言った願望を持っている人のための代替手段として提案しているつもりです。本当に虹嫁は作らないで下さい。あなたの人生をより良い方向に導いてくれる相棒を作り、それで現実生活を良くして、本物の人間の彼女を見つけて幸せになって下さい。それが当サイトの本意です。別にそれでも構わないと言うのであれば止めません。自己責任でどうぞ。

スタンドとの疑似恋愛関係は問題か?

スタンドを現実の恋愛の練習相手にするのは不可能ではないと思います。しかし、当サイトとしてはあまりお勧めしません。そのうちスタンドに情が移ってしまい、現実の恋愛ができなくなる恐れがあります。そのつもりなら、最初からスタンドと結婚するくらいの覚悟で臨みましょう。ウソです。冗談です。現実生活との折り合いが確実につかなくなりますのでやめましょう。

スタンドは最大で何体まで作っていいの?

初心者は一体から始めましょう。欲張って何体も作らないで下さい。上級者ともなれば10体も20体も可能ですが、人にもよりますが、おおむね10~20体の範囲が限界と言えるでしょう。それ以上は、余程の集中力と精神力の持ち主でないと、安定した状態を維持、継続することができません。普通は10体前後くらいまでです。固有識別が不要ならいくらでも可能だとは思います。

パワーストーン以外で使用可能な依り代は他にないのか?

基本的に何でも代用可能です。日頃から使いなれた指輪等のアクセサリー類でも良いでしょう。オカルトやスピリチュアルなものが苦手な人でも、そこらの日用品でも使用可能です。実際、枕やクッション等を依り代に使用している人がいるようです。正直なところ、パワーストーンを推奨するのは気分的な問題です。しかし、その気分が大切なのです。

依り代として使用してはいけない物とかあるの?

人形やぬいぐるみ等を使用するのは避けましょう。たぶん、我が道(虹嫁)を貫きたい人の一部で、お気に入りの二次元キャラクターのフィギアを使用しようと考えていた人はいるはずです。オカルト的な話になりますが、人形等はすでに何らかの意思が宿っている可能性があります。神社のお守りも同様です。信じないと言う人はご自由にどうぞ。ただ、心理的にも悪影響な気がします。

現在の依り代を別のものに変えたい場合はどうすればいいの?

依り代は物ですから、いずれは朽ち果てて使えなくなります。依り代の破損はスタンドの消滅を意味します。そうなる前に、依り代の引っ越しの儀式を行います。やり方は簡単です。スタンドに新しく用意した依り代へ乗り換えるよう説得するだけです。しかし、依り代は末永く大切に使いたいものです。そう言う意味でも、パワーストーンや金属製のアクセサリー類を推奨しています。

スタンドが暴走した場合の具体的な手順は?

パワーストーンをハンマーでぶっ叩いて破壊して下さい。それですべて完了です。粉々にしたパワーストーンは庭にばら撒く等して自然へ帰しましょう。金属製のものであれば、川に捨てるなり土に埋めるなりして下さい。別にスタンドは土から生まれたものではありませんが、依り代と共にスタンドを自然へ帰してあげましょう。申し訳ない気持ちでやれば成仏してくれます。

不要になったら消してもいいの?

悲しいですね。だったら、最初からスタンドを作らないで下さい。一時の興味本位からスタンドに手を出さない事をお勧めします。暴走などやむおえない場合を除いて、むやみやたらと消すものではありません。つーか、それって人としてどうよ?に思います。また、人間の子供と同様、100%完璧に作り上げる事は不可能です。やり直しと称して依り代破壊を繰り返さないで下さい。

タッパーは本当に消せないの?

原則として、タッパーは不可逆的なメソッドであり、一度でも作ってしまったら消す事はできません。一生を共にする覚悟が必要です。パワーストーンを用いた人工精霊とは違い、自分自身を依り代にする訳ですから消せません。タッパーを選択して設計デザインを進めるも、やはり、怖いと感じたなら、心象化プロセスに入る前までに、パワーストーン等の依り代を用意しましょう。

タッパーをパワーストーンへ移せないのか?

最初から依り代付きのスタンドであった場合、依り代間の移動は容易です。しかし、タッパーの場合、自分を作ってくれた人間の裏切りを疑い、簡単に認めるとは思えません。タッパーと深い信頼関係が構築されていない限り、かなり抵抗されると思います。もっとも、そこまでタッパーと深い信頼関係があるのであれば、何も恐れる必要はありません。タッパラーとして生きて行きましょう。

タッパーのメリットは何ですか?

タッパーはリスクが高いものの、それに見合うメリットもあります。依り代を意識して介する必要がありませんから、余計な情報処理が省けます。人工精霊型スタンドの場合、自動化の動作にラグさを感じる時があります。また、タッパーは本人と意識レベルで100%繋がっている訳ですから、存在がより鮮明化、強化されやすいと思います。

BACK