Tulpa Designers

人工精霊ト云フ事・思念体専門考察ブログ

作る前に用意する物と事前準備について

人工精霊型スタンドを作る際、事前に用意する物について説明します。何もない無の空間から生み出される存在だからと言って、用意する物もないと言う訳でもありません。具体的には「依り代」や、関連する作業備品の選定と購入の話になります。また、スタンド召喚作業に最適な環境条件の整備も必要です。兎角、スピリチュアルやオカルトに関するものはお金がかかりがちです。不安を煽り、開運に関する商品の購入を迫って来る輩も多い世界と言えます。金運風水とか金運〇〇と言った感じに、金運と冠したものは全部ウソですから信じないようにお願いします。当サイトは、できるだけお金をかけない低コストでのスタンド実現をモットーとします。空気友達にお金をかける人はいないと思います。おかしなものに引き込まれないよう注意しましょう。

依り代の準備

最初にスタンドを憑依させる入れ物を用意します。スタンドの物理的な住処となるもので「依り代」と呼びます。神棚に飾る神鏡と同じ役割を果たすものと考えて良いでしょう。心理学面からアプローチを試みる非オカルト派な方には抵抗感があると思います。その場合、これは例えばの話ですが、依り代を「本体」と呼んだり、憑依を「定着」に言い換えて実践すると良いでしょう。

依り代を用意する目的【重要】

精神崩壊から身を守る安全装置として

まず、精神破壊や精神汚染から自分の身を守る為の安全装置としての役目を果たします。令呪のように強制力のあるもので、スタンドが暴走して手に負えない状態になる等、何らかやむおえない事情が発生した場合、スタンドを停止させ、抹消する事ができます。その場合、躊躇わず依り代の破壊(または破棄)を実行しましょう。放置すると現実生活の多方面で様々な悪影響が出てきます。

スタンドの暴走とは?

人間の言うことを一切聞かなくなり、コントロールできない状況を「暴走」と呼んでいます。呼び出しに応じず無視をしたり、反対に必要でない時に出現して幻惑させるなど、その形態は様々です。多くはスタンドを作った本人の心の問題に起因するもので、心構えを正せば「回復」する場合もあります。しかし、回復は困難を極めるもので、そう易々となせるものではありません。

依り代の破壊方法

川や海に投げ捨てたり、土に埋めても構いません。しかし、スタンドを苦しませる事なく、可能な限り一瞬で済ませられる方法を選びましょう。一番確実な方法はハンマー等で粉々に破壊する方法です。一瞬でスタンドを消去することができます。尚、暴走したスタンドを宿した依り代を他人に譲渡してはいけません。自分で作ったものは最後まで責任を持ちましょう。

放置した場合に懸念される悪影響

作ったスタンドを消す事を惜しみ、あきらめきれず、どうにか暴走から立ち直らせようと四苦八苦しているうちに、実践者の精神状態は徐々に悪化して行きます。睡眠不足による体力低下や注意力低下など、現実生活に実害をもたらす危険のある影響が認められ始めたら、もう、そのスタンドはあきらめて下さい。本当に病気になります。最悪は統合失調症です。依り代を破壊しましょう。

依り代を選ぶ

依り代として利用可能なもの

鉱物や金属などの無機物であれば何でも構いません。そこらの日用品や雑貨品を依り代として使用するのはやめましょう。理想はパワーストーンです。パワーストーンには、様々な色や形をした石が豊富にありますが、一番のお勧めは無色透明な普通の水晶です。形は、調和や安定を意味する球体や、魔除けの効果が高い勾玉などが良いでしょう。また、数センチ程度の小さいもので結構です。

水晶が望ましい理由

無色透明な水晶はパワーストーンの中で基本的な石となります。使い勝手が良く、すべての運気に対応する汎用性の高いものです。天然物が望ましいですが人工物でも構いません。値段も関係ありません。水晶以外でも構いませんが、金運や異性運、勝負運など、人間の欲望に直結した運気を司る石は避けましょう。目的面から見たお勧めの石は、家庭運や健康運、対人運などです。

パワーストーン以外で使用可能なもの

パワーストーンを無理して買う必要もありません。金属製の指輪やネックレス等のアクセサリー類も依り代として使用可能です。それらをたくさん持っていると言う人は、日頃から使い慣れ、一番のお気に入りとしている物を、スタンドを憑依させる依り代として使用すると良いでしょう。わざわざ新しい物を購入する必要はありません。その場合でも、まず最初に浄化をしておきましょう。

依り代の値段に関する留意事項

冒頭からの説明にもあります通り、万が一、スタンドが暴走して身の危険を感じた場合、依り代を破壊したり破棄する必要が出てきます。そんな状況に直面しても、躊躇せずスタンドの消去が行えるよう、高価なものを使用しないことをおすすめします。また、依り代がパワーストーンであれ何であれ、高額なものを依り代に使用すれば、スタンドのご利益も高まるものでもありません。

依り代として使用してはいけないもの

すでに何らかの念が宿ったものを依り代に使用してはいけません。念を重複させると高い確立で暴走する原因につながります。具体的には、神社のお守りや人形やぬいぐるみ、フィギアなどです。人型の類は量産品であっても、高い確立で何らかの念が宿っています。ただし、この話はオカルト面から見た懸念事項となるため、気にしないと言う人は自己責任でお願いします。

依り代を使用しないタッパーと言う選択肢

依り代の準備が面倒くさいと言う人や、依り代の破損や紛失のリスクを心配する人はそうすると良いでしょう。ただし、前のページでも説明しました通り、原則として、一度でも作ってしまったら消去する事ができません。一生を共にする覚悟が必要です。依り代の管理には何かと気を遣うので、こまかい事は気にしないと言う大雑把な人は、意外とこちらの方が適切かもしれません。

依り代の浄化方法

パワーストーンを浄化する

パワーストーンを購入したら、使い始める前に必ず浄化する必要があります。取扱説明書をよく読んで浄化しましょう。浄化方法はいろいろありますが、よく晴れた日の午前、太陽の光に2~3時間当てるだけで十分です。人工精霊型スタンドを作る目的でパワーストーンを使用する場合は、浄化は最初の一回だけで問題ありません。作った後に浄化するとスタンドが消失する可能性があります。

パワーストーン以外の場合

パワーストーン同様、太陽光で十分です。物の素材の性質上、太陽光が不可な場合は、満月の夜の月光でも構いません。水に漬けても問題ないものなら、一昼夜、きれいな水の中に入れておくのも有りです。なんであれ、どうしてもコレを依り代にしたいと決めたなら、素材の性質をよく確認しましょう。スピーカーの前において、クラシック音楽を数時間くらい聞かせるのも良いでしょう。

浄化を最初の一回のみとする理由

この点をもう少し丁寧に説明しておきます。一般的なパワーストーン使用方法では、気の消費と邪気の吸収などにより、浄化を定期的に行う必要があります。しかし、スタンドの場合、創造主である人間とのコミュニケーションにより気は補給されます。また、守護精霊なのですから正しく育成している限り、周囲から邪気を払い退けます。浄化(リセット作業)は最初の一回で問題ありません。

暴走したスタンドを浄化で消したい場合

スタンドが暴走した場合、依り代は破壊(または破棄)することを強くおすすめします。気持ちに区切りを入れる意味でもその方が良いです。依り代を使い回したい意図から、依り代を物理的に破壊せず、浄化によるスタンドの消去を考える人がいるかもしれません。最初の1~2回なら上手く行くかもしれません。しかし、何度も繰り返していると、失敗する危険性が高くなります。

依り代のメンテナンス方法

浄化後の依り代の手入れ

パワーストーンの場合、水で軽く洗い流す程度で問題ありません。本来は定期的に浄化を行う必要があるとされていますが、上でも説明しました通り、スタンドで使用する場合は、最初の一回で十分です。パワーストーン以外の物の場合、通常のお手入れで問題ありません。金属製のアクセサリーである場合、磨いても問題ありません。毎日でも構いませんが、週一程度の間隔でも十分です。

お手入れの際の注意事項

気持ちを落ち着けて楽な姿勢でやりましょう。イライラしながらやると、依り代に邪念が吹き込まれます。その後のスタンドの召喚作業に支障が出ます。気分的に落ち込んでいる日も、お手入れをするのは避けましょう。精神的に安定しており、気分が良い日にやるのがベストです。浄化の作業は、好きな歌でも口ずさみながら楽しくやりましょう。

依り代の保管方法について

パワーストーンの場合、あまり手で直接触れず、ケースの中やネックレス型ピルケース等に入れ、大切に扱いましょう。指輪などのアクセサリー類の場合、やはり、専用のケースを用意して、取り外す場合、そこで大切に保管しましょう。机の上に無造作に置いては行けません。当然ですが、直射日光の当たる場所は避けましょう。太陽光で浄化されてしまいます。

お守りとして持ち歩く場合の心得

スタンドの依り代をお守りとして外に持ち歩く場合、できるだけ他人の手に触れさせないようにしましょう。ただし、神経質になる必要もありません。帰宅したら軽く水洗いする程度で十分です。友人に「これ、人工精霊の依り代だよ」なんて自慢したりカミングアウトしないようにお願いします。この点は、注意事項でも説明しますが、スタンドの実践は秘匿しましょう。

オカルト的な儀式で抵抗感があると言う人へ

依り代は宗教的なアイテムに思われますが、心理学的に見ても、自分の身体から物理的に隔離された場所に、スタンド本体を定着させると言う心理的暗示装置としての役目を果たします。オカルト的であろうとなかろうと、万が一の際は、スタンドを緊急停止する事のできる安全装置と考え、真面目に依り代は準備しておきましょう。浄化の儀式も気持ち的にやっておいた方が良いでしょう。

スタンドの召喚作業に適した環境整備

事前準備に含まれる作業

依り代の準備ができたら、スタンドの召喚に意気込むことでしょう。スタンドの作成は自分の部屋など、落ち着ける環境でやると思います。作業を誰かに見られてもいけません。そして、部屋が散らかっていたら、掃除をしたり整理整頓をしましょう。汚い環境でスタンドを実践すると、それ相応のものが完成する恐れがあります。これを機会に部屋を徹底的に整理することをおすすめします。

開運の基本習慣

掃除、換気、整理整頓は運を良くするための基本習慣です。オカルト的な話になりますが、悪霊や怨霊、動物霊などの悪い存在は、臭くて汚い場所が大好きです。そんな環境に依り代を置いておくと汚れます。当然、スタンドも悪りぃ子に育ちます。学生諸君も、いつまでも親に甘えず、自分の部屋は自分で掃除する習慣を身に付けましょう。親に依り代を発見されるのも嫌でしょう。

生活習慣・ライフスタイル

最後にどうでもいい話、余計なお世話かもしれませんが、人工精霊術者・スタンド使いを目指すなら、健全なライフスタイルを確立しましょう。夜更かしはやめて、早寝早起きの健康的な毎日を送るよう心がけましょう。夜勤が必要な仕事に従事している訳でもない人が、夜中も起きてダラダラと過ごすものではありません。無益な夜型は時間も早く感じられ人生損します。

スタンドの召喚作業の時間確保

前のページの「作業時間に関する最重要事項」でも指摘した通り、スタンドの召喚作業は一回あたり5~10分に留めましょう。長時間やってはいけません。このため、月曜日から週末までの一週間を通して、一日の中でどのくらい空き時間が確保できるか調べてみましょう。意外に多くあると思います。これを機会に、日記帳やスケジュール手帳のようなものを作ると良いかもしれません。

あると便利なもの

眼鏡拭き

パワーストーンを購入したら、メガネ拭きも購入する事をおすすめします。繊細なレンズ表面の汚れや埃の拭き取りに優れたメガネ拭きは、パワーストーンのお手入れにも向いています。水で軽く洗い流すのも構いませんが、メガネ拭きで乾拭きをした方が輝きが増します。ただし、いるとは思えませんが、洗浄剤のようなものは絶対に使用しないでください。

デッサン人形

学校の美術室になんか置いてある木製のマネキンですね。ダイソー等、百均ストアへ行けば300円で売られています。人間型に限られますが、スタンドの設計デザインで人体の構造や構図を考える際や、スタンドの自動化を想定したポーズや挙動を決める際に役立ちそうです。スタンドの召喚作業は、すべて頭の中で行いますが、このような物理的に実感できる補助アイテムがあると便利です。

デッサン帳

すべて頭の中で処理するとは言え、スタンドの詳細なデザインや設定内容を何らかの形で記録して行かないと忘れてしまいます。学校の美術の授業で使用していたデッサン帳を買って来て、それに書き綴って行くと良いでしょう。記録が目的なので、絵の上手い下手は関係ありません。家族や友人に発見されても、デッサン人形と合わせて、趣味で絵を描いているよう偽装工作できます。

巻尺・メジャー

どのご家庭にも一つはあると思いますが、自分専用にひとつくらい買っておきましょう。スタンドの身長や体格なんかを決める際に役立ちます。私も身長を決める時や、視覚化の作業をする際に結構な頻度で使用しました。日用大工の工具箱や裁縫箱から逐一借りるのはなんです。そのうち、家族の人から「お前、それ何に使ってんの?」と聞かれます。百均で買いましょう。

ペンダント式ピルケース

勾玉など小さなパワーストーンを依り代にしている人で、スタンドと一緒に外出したい場合、ペンダント式のピルケースのようなものがあると便利でしょう。購入の際は、金属製の防水加工が施されたものを選びましょう。中に石を入れれば、あなた専用のお守りになります。石が衝撃で割れないよう、ガーゼやちり紙等で包んで中で保管してください。

事前準備ができたら

本当に余計なお世話かもしれませんが、スタンドは人生を明るく楽しいものに変えるため実践します。今一度、洗面所などで自分の顔を鏡で見て、笑顔になる練習をしましょう。表情筋が衰えると老け気味にもなります。ついでに、今日から舌まわし運動でも始めて、顔の血行も良くしましょう。顔は心の玄関です。開運は表情の良し悪しで大きく左右されるものです。

BACK
NEXT